良い声で、明るく楽しい毎日を

Featured Posts

<< >>

共鳴腔

カラオケよ、いつでも来い!

共鳴腔とは体の中にある声が反響する場所のことです。具体的に重要な共鳴腔の場所とは咽頭腔、口腔、鼻腔があります。 咽頭腔はその中でも特に重要な部分でこの咽頭腔の筋肉をうまく調節することがボイトレになります。咽頭腔の共鳴を増やすためにも喉仏を下げて軟口蓋を上げることが重要になります。鼻腔を無理やり使って

声区

歌う女性

ボイトレには声区という言葉を理解しなくてはなりません。これはカンタンに説明すると発音に必要なギアのようなものと考えてください。ボーカルスクールで話し方を練習するときにも重要なポイントになります。基本人間は低い声を出すときに地声を使い、高い声は裏声を使います。地声と裏声は声帯の使い方が違いこれは別々の

喉は大事

会話力にも自信がつく

ボーカルスクール以外でもボイトレや話し方をする上で喉は大切にしましょう。声は体の一部から作り出すものなのでコンディションにもよって、歌も変わってくるので最高のパフォーマンスが出せるように喉について学びましょう。 喉には水をこまめに飲んだり、睡眠をしっかりとり、タバコ、酒を控えて健康的な生活を送ること

声を枯らさない

基礎から学ぶ

声が枯れてしまう原因はたくさんあり、これは歌手にとっては天敵となります。そこで、声が枯れないように、ポリープなどの病気について学びましょう。 声が枯れる原因は風邪、咳、喉払い、くしゃみのし過ぎ、声の使いすぎ、声の張り上げ、シャウトなどがあります。声を使いすぎると声帯が炎症を起こして腫れてしまうのです

共鳴腔

カラオケよ、いつでも来い!

共鳴腔とは体の中にある声が反響する場所のことです。
具体的に重要な共鳴腔の場所とは咽頭腔、口腔、鼻腔があります。

咽頭腔はその中でも特に重要な部分でこの咽頭腔の筋肉をうまく調節することがボイトレになります。
咽頭腔の共鳴を増やすためにも喉仏を下げて軟口蓋を上げることが重要になります。
鼻腔を無理やり使って歌おうとすると鼻声になってしまいます。ですが、あえて鼻腔を使って歌うスタイルもあります。

ボーカルスクールに通うことでもっと歌が上達するでしょう。
ボイトレをすることによって、明るい印象の話し方にも繋がります。

声区

歌う女性

ボイトレには声区という言葉を理解しなくてはなりません。
これはカンタンに説明すると発音に必要なギアのようなものと考えてください。ボーカルスクールで話し方を練習するときにも重要なポイントになります。
基本人間は低い声を出すときに地声を使い、高い声は裏声を使います。
地声と裏声は声帯の使い方が違いこれは別々の声区となります。
車のギアのイメージです。

地声区は普段の会話で最もよく使われる声区で、太く厚みのある声です。
この地声区で出す声はチェストボイス、または地声といいます。

裏声区
高音を出す上で特に重要な部分で、声の出し方でもファルセット、ヘッドボイス、ミドルボイスと分けることができます。
ファルセットは息漏れした弱々しい声です。

ヘッドボイスはクラシックなどで使われる声で柔らかく響きます。

ミドルボイスは地声と裏声の同時に出したような音でミックスボイスともいい、ポップスやロックで多く使われます。

喉は大事

会話力にも自信がつく

ボーカルスクール以外でもボイトレや話し方をする上で喉は大切にしましょう。
声は体の一部から作り出すものなのでコンディションにもよって、歌も変わってくるので最高のパフォーマンスが出せるように喉について学びましょう。

喉には水をこまめに飲んだり、睡眠をしっかりとり、タバコ、酒を控えて健康的な生活を送ることが重要になります。
発音面ではシャウトしたり、超大声を出したりしないようにして、喉を休めることも重要です。
食べ物関係では塩分を控え、水を飲み、カフェインやアルコールを控えて、レモンジュースやオレンジジュースを飲むようにしましょう。

声を枯らさない

基礎から学ぶ

声が枯れてしまう原因はたくさんあり、これは歌手にとっては天敵となります。
そこで、声が枯れないように、ポリープなどの病気について学びましょう。

声が枯れる原因は風邪、咳、喉払い、くしゃみのし過ぎ、声の使いすぎ、声の張り上げ、シャウトなどがあります。
声を使いすぎると声帯が炎症を起こして腫れてしまうのです。
声帯が腫れると声が掠れたり、高音が出しにくくなったりしてしまいます。
声が枯れてしまうのを予防するにはなるべく声帯に負荷がかからないようにすることがいいのですが、どうしても声帯に負荷をかけてしまう歌い方などもあります。
なので、どういった発音をすると声帯に大きな負荷をかけてしまうのか理解しましょう。
声の枯れを直す方法は声を使わず、休めることです。

喉は潰せば強くなるっていうのは間違いです。
声帯は鍛えても強くなることはないです。しかし声帯周りの筋肉は鍛えることができ、ボイトレの目的はこの筋肉を鍛えることです。
ボーカルスクールではボイトレ、話し方を練習するので喉は疲れやすくなるのでしっかり休憩することが重要です。